千早城




英語圏での慰安婦認識について



【 報道に於ける各国語 】
 以前、報道等に於いて、利害対立者が英語圏などと日本語圏のメディアに意図的に異なる情報を流して、扇動等を試みるような事が行われている事行われているようです。
 インターネットの時代となり、外国からの情報が直接入手出来る時代になりましたが、こういった情報には現地人向けに現地語で提供されるものと、日本人向けに日本語で提供されるものがあります。うがった見方かも知れませんが、世界で見た場合、日本語は決してメジャーな言語ではなく、外国の勢力が、日本向けに提供している日本語の情報は少なからず意図的なものと考えても良い側面があると思います。

 これは決して「神経質」や「過剰」という表現が当てはまる様なものではないと考えます。私自身の経験として、感じた事ですが、言語の壁を越えた宣伝が敵対的な意味で有効である事は、よくよく実感できます。



【 世田谷在住の女性からのご指摘 】
 いわゆる「従軍慰安婦騒動」は、そのモデルに関して議論の余地はあるものの、利害関係に基づく扇動ある事が、ほぼ判明している事件ではありますが、この扇動に乗じた利権的勢力は、沢山の信頼性の低い証言などを積み上げ、多くの文献を作成しました。

 その結果、英語圏での認識は、事実とは相当に乖離したものとなっているように感じられます。その一例に関して、知り合いの世田谷在住の女性の方が、ご指摘をくださり、問題の文書を日本語に翻訳して下さいました。


 英語版のWikipediaに関するものです。




【 世田谷在住の女性より 】


私が翻訳しましたので以下をご覧下さい。原文に忠実に訳しました。
これを見た外国人は日本が悪いと思うのは当然。その意味でも情報戦に負けています。
ストレスのかかる作業でした>_<


○○(伏字)


Comfort woman 慰安婦 (英語版 wikipedia )
Comfort women - Wikipedia, the free encyclopedia



 慰安婦とは大日本帝国によって作られた売春宿に強制的に入れられた婦女子の事。慰安婦という名前は日本の呼び方の翻訳。慰安婦は売春婦を意味する娼婦。韓国での初期の報告ではこれは自発的なものではなかったとされていた。 そして1989年以降は多くの婦女が日本帝国陸軍によって誘拐されたと証言している。

 リーヨンフンや秦郁彦といった歴史家達は慰安婦の募集は自発的なものであったと述べている。 別の歴史家達は、前の慰安婦や生存している日本兵達の証言を引用しながら、日本帝国陸軍及び同海軍が間接的または直接に日本の占領地域から若い婦女子の強制、詐欺、甘言、そして時として誘拐に関与したと述べている。

 どれほど多くの婦女が対象となったかの推計はバラバラであり一部の日本人の学者による2万人以下から、一部の中国人学者による41万人まであるが正確な数は依然として調査中であり議論の的となっている。
婦女子の大半は韓国、中国、日本そしてフィリピン人であった。 軍の慰安婦はタイ、ベトナム、マレーシア、台湾、インドネシア、その他の占領地域からの女性がいた。 慰安婦は日本、中国、フィリピン、インドネシア、マレーシア、タイ、ビルマ、ニューギニア、香港そして仏領インドシナに設置された。

 証言によれば、日本帝国の支配地域では若い女性はそれぞれの家庭から拉致されたとされている。多くの場合、女性達は工場や食堂で働くという約束で徴発された。 一度徴発されると女性達は外国の地の慰安場に収容された。 オランダ政府の調査はオランダ領東インドでの日本軍による強制的な婦女子の募集がどのように行われたかを伝えている。 同調査によって合計300人のオランダ女性が日本軍の性的奴隷に陥れられた事が明らかになった。

(原文:改行削除)
Comfort women were women and girls who worked either voluntarily or involuntarily in a prostitution corps created by the Empire of Japan.[1] The name "comfort women" is a translation of a Japanese name ianfu (慰安婦).[2][3] Ianfu is a euphemism for shōfu (娼婦) whose meaning is "prostitute(s)".[4] The earliest reporting on the issue in South Korea stated it was not a voluntary force,[5] and since 1989 a number of women have come forward testifying they were kidnapped by Imperial Japanese soldiers.[6] Historians such as Lee Yeong-Hun[7] and Ikuhiko Hata stated the recruitment of comfort women was voluntary.[8] Other historians, using the testimony of ex-comfort women and surviving Japanese soldiers have argued the Imperial Japanese Army and Navy were either directly or indirectly involved in coercing, deceiving, luring, and sometimes kidnapping young women throughout Japan's occupied territories.[9] Estimates vary as to how many women were involved, with numbers ranging from as low as 20,000 from some Japanese scholars[10] to as high as 410,000 from some Chinese scholars,[11] but the exact numbers are still being researched and debated. A majority of the women were from Korea, China, Japan and the Philippines,[12] although women from Thailand, Vietnam, Malaysia, Taiwan, Indonesia and other Japanese-occupied territories were used for military "comfort stations". Stations were located in Japan, China, the Philippines, Indonesia, then Malaya, Thailand, Burma, New Guinea, Hong Kong, Macau, and French Indochina.[13] According to testimony, young women from countries under Japanese Imperial control were abducted from their homes. In many cases, women were also lured with promises of work in factories or restaurants. Once recruited, the women were incarcerated in "comfort stations" in foreign lands.[14] A Dutch government study described how the Japanese military itself recruited women by force in the Dutch East Indies.[15] It revealed that a total of 300 Dutch women had been coerced into Japanese military sex slavery[16]



 慰安婦制度の確立

 日本帝国陸軍の通達は 慰安書設置の目的は日本軍人による性犯罪の防止と占領地域の住民の反感、敵対心の高まりの防止である事を示している。

 日本軍は兵士による性犯罪と性病の防止の為、兵士に慰安を与えるためそしてスパイ活動の遮断の為に慰安所を設置した。しかし慰安所はこうした問題への現実的な解決策ではなかった。 日本の歴史家 吉見芳明によれば、これはむしろ問題を悪化させた。 吉見氏は「日本帝国陸軍はなによりも兵士のくすぶった不満が爆発し反乱がおきるのではないかと懸念していた。そこで女性を提供した」と論じている。

(原文:改行削除)
Japanese military prostitution Military correspondence of the Japanese Imperial Army shows that the aim of facilitating comfort stations was the prevention of rape crimes committed by Japanese army personnel and thus preventing the rise of hostility among people in occupied areas.[10] Given the well-organized and open nature of prostitution in Japan, it was seen as logical that there should be organized prostitution to serve the Japanese Armed Forces.[17] The Japanese Army established the comfort stations to prevent venereal diseases and rape by Japanese soldiers, to provide comfort to soldiers and head off espionage. The comfort stations were not actual solutions to the first two problems, however. According to Japanese historian Yoshiaki Yoshimi, they aggravated the problems. Yoshimi has asserted, "The Japanese Imperial Army feared most that the simmering discontentment of the soldiers could explode into a riot and revolt. That is why it provided women."[18]



(概観)

 最初の“慰安所“は1932年に上海の日本人居留地に作られた。 初期の慰安婦はこうした奉仕に自ら手を上げた日本人娼婦であった。 しかし日本の軍事的拡張が続いたので日本人娼婦の数が不足し、日本軍は慰安所での奉仕に女性を駆り出すべく現地住民に目を向けた。

 多くの女性達が工場労働者や看護婦として募集に応えた。 そして性的な奴隷にされる事を知らなかった。 戦争の初期、日本の当局は通常の手段で娼婦を募集した。 都市部での仲介者を通じての公募が誘拐とともに行われた。 仲介者は日本や日本の植民地(朝鮮、台湾、満州、中国)の新聞での応募を募った。こうしたルート(特に日本からのルート)はすぐに限界にきた。 外務省は日本のイメージを損なうものとして日本人の娼婦への渡航ビザのこれ以上の発給を拒否した。 軍は慰安婦の徴発先を本土以外、特に朝鮮と中国の占領地域に向けた。 多くの女性が軍の慰安所にだまされて連れて行かれた。

 戦争が長引くにつれ事態は更に悪化した。 軍は部隊に充分な供給を手配する事ができなくなった。 代わって、部隊は不足分を地元からの収奪や徴発によって埋め合わせした。前線、特に仲介者も少ない田舎では軍はしばしば直接に地元の指導者達に慰安所用の婦女を集める事を求めた。 地元民、特に中国人が敵対的だと思える場合には、日本軍兵士は地元市民の無差別の誘拐、暴行を含む“三光作戦“を実施した。

 アメリカ戦争情報室の20人のビルマ人慰安婦とのインタビューについての報告では、少女達は充分なお金の提供と家族の借金の棒引き簡単な仕事、そして新しい土地、シンガポールでの新生活という条件の提示に心を動かされた、こうした嘘の募集広告の下で多くの少女達が海外での職に名を登録し、数百円の前渡し金を受け取った。

(原文:改行削除)
Outline The first "comfort station" was established in the Japanese concession in Shanghai in 1932. Earlier comfort women were Japanese prostitutes who volunteered for such service. However, as Japan continued military expansion, the military found itself short of Japanese volunteers, and turned to the local population to coerce women into serving in these stations.[19] Many women responded to calls for work as factory workers or nurses, and did not know that they were being pressed into sexual slavery.[20] In the early stages of the war, Japanese authorities recruited prostitutes through conventional means. In urban areas, conventional advertising through middlemen was used alongside kidnapping. Middlemen advertised in newspapers circulating in Japan and the Japanese colonies of Korea, Taiwan, Manchukuo, and China. These sources soon dried up, especially from Japan.[21] The Ministry of Foreign Affairs resisted further issuance of travel visas for Japanese prostitutes, feeling it tarnished the image of the Japanese Empire.[22] The military turned to acquiring comfort women outside mainland Japan, especially from Korea and occupied China. Many women were tricked or defrauded into joining the military brothels.[23] The situation became worse as the war progressed. Under the strain of the war effort, the military became unable to provide enough supplies to Japanese units; in response, the units made up the difference by demanding or looting supplies from the locals. Along the front lines, especially in the countryside where middlemen were rare, the military often directly demanded that local leaders procure women for the brothels. When the locals, especially Chinese, were considered hostile, Japanese soldiers carried out the "Three Alls Policy", which included indiscriminately kidnapping and raping local civilians.[24] The United States Office of War Information report of interviews with 20 comfort women in Burma found that the girls were induced by the offer of plenty of money, an opportunity to pay off family debts, easy work, and the prospect of a new life in a new land, Singapore. On the basis of these false representations many girls enlisted for overseas duty and were rewarded with an advance of a few hundred yen.[25]



 最近の資料調査と東京裁判記録

 2007年4月17日、吉見芳明と林博文が東京裁判の記録の中に日本軍(特警隊=海軍憲兵)が憲兵隊を襲撃した犯人を父に持つ女性達を中国、インドシナ、インドネシアの前線の慰安所に強制的に送り込んだ事を示唆する幾つかの公式文書を発見したと公表した。 これらの書類は、当初は戦争犯罪法廷で公表された。 その一つでは、「慰安所を組織し自分がそれを利用した」というある中尉の証言を伝えている。 他のものには特警隊の隊員が道で婦人を逮捕し、健康診断を強制した後に慰安所に彼女達を送り込んだと伝えている。

 2007年5月12日、檻村太一郎(カジムラタイチロウ、ジャーナリスト) が1944年にマゲランで発生した強制的な集団売春事件の証拠としてオランダ政府に提出した30の書類を発見したと報じた。

 2007年9月には、韓国政府が慰安婦の募集に際し日本の協力者であったとしてBae Jeong-jaを特定した。

(原文:改行削除)
Late archives inquiries and trials On April 17, 2007 Yoshiaki Yoshimi and Hirofumi Hayashi announced the discovery, in the archives of the Tokyo Trials, of seven official documents suggesting that Imperial military forces, such as the Tokkeitai (Naval military police), forced women whose fathers attacked the Kenpeitai (Army military police), to work in front line brothels in China, Indochina and Indonesia. These documents were initially made public at the war crimes trial. In one of these, a lieutenant is quoted as confessing to having organized a brothel and having used it himself. Another source refers to Tokkeitai members having arrested women on the streets, and after enforced medical examinations, putting them in brothels.[26] On 12 May 2007 journalist Taichiro Kajimura announced the discovery of 30 Dutch government documents submitted to the Tokyo tribunal as evidence of a forced mass prostitution incident in 1944 in Magelang.[27] The South Korean government designated Bae Jeong-ja as a pro-Japan collaborator (chinilpa) in September 2007 for recruiting comfort women.[28][29]



  慰安婦の数

 公式文書の不足が慰安婦の数の推計を困難としている。
国の最高司令部の戦争犯罪、戦争責任に係る問題に関連する膨大な資料が終戦時に日本政府の命令によって処分された。 歴史家達はある特定の地域に於ける兵士の数と慰安婦の数の比率を示す残された文書を参照したり、慰安婦の置き換え率を考慮に入れる事により様々な推計を発表している。

 歴史家吉見芳明氏はこの問題を明るみに出す最初の学術的な研究を行い、5万人と20万人の間という数字を推定している。 この推計に基づき多くの国際的なメディアは約20万人の若い女性が兵士によって徴発され誘拐され日本の慰安所で働かされたと伝えている。 BBCは20万人から30万人と伝え国際法律家協会は10万人から20万人と推計している。

(原文:改行削除)
Number of comfort women Lack of official documentation has made estimates of the total number of comfort women difficult, as vast amounts of material pertaining to matters related to war crimes and the war responsibility of the nation's highest leaders were destroyed on the orders of the Japanese government at the end of the war.[30] Historians have arrived at various estimates by looking at surviving documentation which indicate the ratio of the number of soldiers in a particular area to the number of women, as well as looking at replacement rates of the women.[31] Historian Yoshiaki Yoshimi, who conducted the first academic study on the topic which brought the issue out into the open, estimated the number to be between 50,000 and 200,000.[10] Based on these estimates, most international media sources quote about 200,000 young women were recruited or kidnapped by soldiers to serve in Japanese military brothels. The BBC quotes "200,000 to 300,000" and the International Commission of Jurists quotes "estimates of historians of 100,000 to 200,000 women."[32]



  国籍別

 バッファロのNew York州立大学教授 野崎よしこ、その他によれば女性の大半は朝鮮と中国から来ていたとされる。中央大学教授 吉見芳明は約2000の慰安婦に20万人の日本、中国、朝鮮、フィリピン、台湾、ビルマ、インドネシア、オランダ、オーストラリアの女性達が収容されていたと述べた。 日本大学教授 秦郁彦は認定の慰安施設で働いていた女性の数は2万人以下でその40%は日本人、20%韓国、10%中国、残りの30%はその他の国々と推定している。 秦教授によれば日本国内で政府が規制する娼婦の数は第二次大戦の期間を通じて合計で17万人に過ぎず、多くはフィリピン、台湾、オランダ領インド、その他の日本占領国や地域の出身者であった。 一部のオランダ女性もアジアのオランダ植民地で捕らえられ性的奴隷状態におかれた。

 1940年からの日本軍性病治療のデーター分析によって、吉見氏は仮に治療を受けた女性の国別比率が全ての慰安婦のそれを反映しているとすれば朝鮮女性は51,8%、中国が36%、そして日本が12,2%となると結論している。

 現在までにわずか1人の日本人女性が自らの体験を公表している。 これは1971年に出されたもので、台湾の兵士慰安所での奉仕を強いられた元慰安婦は城田鈴子(シロタスズコ)という仮名で回顧録を出している。

(原文:改行削除)
Country of origin According to State University of New York at Buffalo professor Yoshiko Nozaki and other sources, the majority of the women were from Korea and China.[33][34] Chuo University professor Yoshiaki Yoshimi states there were about 2,000 centers where as many as 200,000 Japanese, Chinese, Korean, Filipino, Taiwanese, Burmese, Indonesian, Dutch and Australian women were interned.[35] Ikuhiko Hata, a professor of Nihon University, estimated the number of women working in the licensed pleasure quarter was fewer than 20,000 and that they were 40% Japanese, 20% Koreans, 10% Chinese, with others making up the remaining 30%. According to Hata, the total number of government-regulated prostitutes in Japan was only 170,000 during World War II.[36] Others came from the Philippines, Taiwan, Dutch East Indies, and other Japanese-occupied countries and regions.[37] Some Dutch women, captured in Dutch colonies in Asia, were also forced into sexual slavery.[38] In further analysis of the Imperial Army medical records for venereal disease treatment from 1940, Yoshimi concluded that if the percentages of women treated reflected the general makeup of the total comfort women population, Korean women comprised 51.8 percent, Chinese 36 percent and Japanese 12.2 percent.[18] To date, only one Japanese woman has published her testimony. This was done in 1971, when a former "comfort woman" forced to work for showa soldiers in Taiwan, published her memoirs under the pseudonym of Suzuko Shirota.[39]



   慰安婦の治療

 約4分の3の慰安婦は死亡し生き残った多くは性的なトラウマや性的感染症の為に不妊症となった。 日本兵士 金子やすしによれば「女性達は悲鳴をあげた。女性達が死のうが生きようが自分達にはどうでもよかった。我々は陛下の兵卒であり慰安所でも村々でもためらうことなく暴行をした」とされている。 殴打や拷問は日常的なことだった。修正主義者 秦郁彦氏は金子のこの証言は偽りだとしている。何故なら1937年の南京事件について彼は証言しているが、彼の入隊は1940年のことであるからである。

 10人のオランダ女性が1944年2月に性的奴隷となるべく日本軍の将校によってジャワ島の収容所から強制的に連れ出された。 彼女達はいわゆる慰安所で昼夜の別なく殴打され犯された。 この事件の被害者 ヤンラフ オニールは1990年に米国下院の委員会で証言を行った。
「日本の収容所に於けるオランダ人女性の恐怖、苦痛、飢えについては多くの事が語られてきた。でも1つの事はまだ伝えられていない。 第二次大戦の間に日本によってなされた最悪の人権侵害の恥ずべき物語。 慰安婦の話。従軍慰安婦。どのように彼女達がその意思に反して日本軍人に性的奉仕をする事を強制されたか。いわゆる慰安所で自分は昼夜の別なく殴打され犯された。そこを性病の検査の為に訪れる日本人医師さえ訪問の都度自分を犯した」
 慰安所での最初の朝にヤンラフ オニール達は写真を撮られ日本兵の受付として使われていたベランダにその彼女達の写真が置かれた。 その後の4ヶ月間、少女達は昼夜となく殴打され犯された。 妊娠した者は堕胎を強要された。恐怖の4ヶ月後、少女達は西ジャワのボゴールにあったキャンプに移された。そこで家族と再会できた。 このキャンプは軍の慰安所に連れて行かれた女性達の専門の場所であった。 日本兵は収容者達にもしそれぞれに何が起こったかを誰かに話したら、その者と家族は殺されると警告した。数ヶ月の後オニールはバタビアのキャンプに移され1945年8月15日に解放された。

 関係した日本人将校は終戦時に日本当局によって厳罰に処世された。 終戦後、バタビアの戦争犯罪法廷で11人の将校が有罪とされ、その内の1人は死刑を宣告された。 判決は暴行者が冒した罰は対象の女性は自発的な徴発に限ると定める軍規違反であった。 東ティモールの被害者はまだ初潮をみていない状態でも奉仕にかり出されたと証言した。 判決文の中で日本兵はこうした初潮前の少女達を繰り返し犯し拒むものは死刑にしたと述べている。

 ハンクネルソン 豪州国立大学アジア太平洋研究室の名誉教授は日本軍によるパプアニューギニアのラバウルにおける第二次大戦中の慰安所について、ラバウルで戦争捕虜となっていたゴートン トーマスの日記を引用する形で伝えている。 トーマスによれば、慰安所で働いている女性達は毎日25〜35人を相手にしており、黄色人種奴隷貿易の被害者であったとされる。

 ネルソンは又ラバウルに駐屯していた日本人の海軍医務官 井草賢太郎の備忘録を引用しつつ、女性達は悲鳴を上げ助けを求めつつ化膿と深刻な痛みに耐え続けていたと記している。

(原文:改行削除)
Treatment of comfort women Approximately three quarters of comfort women died, and most survivors were left infertile due to sexual trauma or sexually transmitted disease.[40] According to Japanese soldier Yasuji Kaneko. "The women cried out, but it didn't matter to us whether the women lived or died. We were the emperor's soldiers. Whether in military brothels or in the villages, we raped without reluctance."[41] Beatings and physical torture were said to be common.[42] Revisionist Japanese historian Ikuhiko Hata claims Kaneko's testimony is false since he testified about the 1937 Nanjing Massacre but he was not in the Army until 1940.[43] Ten Dutch women were taken by force from prison camps in Java by officers of the Japanese Imperial Army to become forced sex slaves in February 1944. They were systematically beaten and raped day and night in a so-called "Comfort Station".[9][42] As a victim of the incident, in 1990, Jan Ruff-O'Herne testified to a U.S. House of Representatives committee: "Many stories have been told about the horrors, brutalities, suffering and starvation of Dutch women in Japanese prison camps. But one story was never told, the most shameful story of the worst human rights abuse committed by the Japanese during World War II: The story of the “Comfort Women”, the jugun ianfu, and how these women were forcibly seized against their will, to provide sexual services for the Japanese Imperial Army. In the so-called “Comfort Station” I was systematically beaten and raped day and night. Even the Japanese doctor raped me each time he visited the brothel to examine us for venereal disease."[9][42] In their first morning at the brothel, photographs of Jan Ruff-O'Herne and the others were taken and placed on the veranda which was used as a reception area for the Japanese personnel who would choose from these photographs. Over the following four months the girls were raped and beaten day and night, with those who became pregnant forced to have abortions. After four harrowing months, the girls were moved to a camp at Bogor, in West Java, where they were reunited with their families. This camp was exclusively for women who had been put into military brothels, and the Japanese warned the inmates that if anyone told what had happened to them, they and their family members would be killed. Several months later the O'Hernes were transferred to a camp at Batavia, which was liberated on 15 August 1945.[44][45][46] The Japanese officers involved received some punishment by Japanese authorities at the end of the war.[47] After the end of the war, 11 Japanese officers were found guilty with one soldier being sentenced to death by the Batavia War Criminal Court.[47] The court decision found that the charges those who raped violated were the Army's order to hire only voluntary women.[47] Victims from East Timor testified they were forced into slavery even when they were not old enough to have started menstruating. The court testimonies state that these prepubescent girls were repeatedly raped by Japanese soldiers[48] while those who refused to comply were executed.[49][50] Hank Nelson, emeritus professor at the Australian National University's Asia Pacific Research Division, has written about the brothels run by the Japanese military in Rabaul, Papua New Guinea during WWII. He quotes from the diary of Gordon Thomas, a POW in Rabaul. Thomas writes that the women working at the brothels “most likely served 25 to 35 men a day” and that they were “victims of the yellow slave trade.”[51] Nelson also quotes from Kentaro Igusa, a Japanese naval surgeon who was stationed in Rabaul. Igusa wrote in his memoirs that the women continued to work through infection and severe discomfort, though they “cried and begged for help.”[51]



 朝鮮

 第二次大戦中日本は朝鮮に大東亜共栄国の他の地域に作られたものと同様の娼婦制度を導入した。朝鮮の業者、朝鮮憲兵隊そして軍の関連組織が慰安婦の徴発と組織化に係り、その奉仕を利用した。 チョンソンパク氏は日本の支配下の朝鮮人は日本から持ち込まれた公認娼婦制度の主たる担い手としての役割を果たしたと伝えている。

(原文:改行削除)
Korea During World War II, the Shōwa regime implemented in Korea, a prostitution system similar to the one established in other parts of the Greater East Asia Co-Prosperity Sphere. Korean agents, Korean Kempeitai (military police) and military auxiliaries were involved in the procurement and organization of comfort women, and made use of their services.[52] Chong-song Pak found that "Koreans under Japanese rule became fully acculturated as main actors in the licensed prostitution system that was transplanted in their country by the colonial state".[53]



 問題の歴史

 連合軍は日本兵と共に慰安婦を捕まえた。彼らについての報告を発表した。 1944年 アメリカ軍の査問官は「慰安婦は娼婦又は兵士の便宜の為に日本軍に連れ歩かれた玄人の従軍部隊以外の何ものでもない」と伝えている。 報告書は更に続けて「慰安婦達は良い暮らし向きであった。食料や身の回りの物は特に制限されず、望むものを買うに充分なお金を持っていた。 彼女達は服や靴、煙草、化粧品を買う事ができた。ビルマでは将校や兵士達と一緒にスポーツ大会に参加して楽しみピクニックや余興、会食にも参加した。レコードを持ち街に買い物に行くことも許された」 1945年に米国が朝鮮を征服した際、慰安婦施設は米国兵士の為に維持された。 彼女達は「慰安婦」「西洋のお姫様」とも呼ばれた。朝鮮戦争の後、最後の施設が閉鎖された時慰安婦問題については何の議論もなかった。 日本と韓国が1965年に国交を回復した際にも慰安婦問題は議論の俎上にのぼらなかった。

 1973年に千田かこうという名の男が慰安婦制度についての本を書いたがそこでは日本人の参加者に焦点が充てられていた。 彼の著書は日本と朝鮮双方の歴史家によって事実を歪曲しているとして広く非難された。これは戦後に慰安婦問題の為の重要な種本となった。

 1974年に韓国の映画会社が「女性の志願部隊」という題名の成人映画を作った。慰安婦問題について朝鮮人が書いた最初の本は1981年に発行された。 これは1976年 在日の著者キムイルミュオン(KIm Il Myeon)によって書かれた本の内容の借用であった。

1989年に吉田誠二の証言が朝鮮語に翻訳された。彼の本は日本、朝鮮双方のマスコミによって取り上げられ歪められたがその発行後、多くの人が日本兵によって誘拐されたなどと証言しながら表に出て来た。 1996年に吉田氏はついに彼の備忘録は偽りの作り話であることを認めた。

 多くの証言を受け1993年に強制的な手段もあったと認める“河野談話“が出された。 しかしながら2007年に日本政府は、日本軍や軍人が強制的に女性を徴発した事を示す証拠は見つかっていないという閣議決定を行った。

(原文:改行削除)
History of the issue The Allied Forces captured "comfort women" as well as Japanese soldiers, and issued a report on them. In 1944, a United States Army interrogator reported that "a 'comfort girl' is nothing more than a prostitute or 'professional camp follower' attached to the Japanese Army for the benefit of the soldiers."[54] The report continues, "They lived well because their food and material was not heavily rationed and they had plenty of money with which to purchase desired articles. They were able to buy cloth, shoes, cigarettes, and cosmetics ... While in Burma they amused themselves by participating in sports events with both officers and men, and attended picnics, entertainments, and social dinners. They had a phonograph and in the towns they were allowed to go shopping."[54][55] When the United States conquered Korea in 1945, the "comfort girl" stations were maintained for American soldiers. The girls were called "Western princess" as well as "Comfort women" (Wianbu).[56] There was no discussion of the comfort women issue when the last stations closed down after the Korean War. It did not enter into Japan's discussions with South Korea when relations between the two of them were restored in 1965. In 1973 a man named Kakou Senda wrote a book about the comfort women system but focused on Japanese participants. His book has been widely criticized as distorting the facts by both Japanese and Korean historians.[57] This was the first postwar mention of the comfort women system and became an important source for 1990s activism on the issue.[58] In 1974 a South Korea film studio made an adult film called Chonggun Wianbu, "Women's Volunteer Corps", featuring comfort women and Japanese soldiers. The first book written by a Korean on the subject of comfort women appeared in 1981. It was a plagarism of a 1976 Japanese book by the zainichi author Kim Il-Myeon.[59][60] In 1989, the testimony of Seiji Yoshida was translated into Korean. His book was debunked as fraudulent by both Japanese and Korean journalists, but after its publication, a number of people came forward attesting to kidnapping by Japanese soldiers. In 1996, Yoshida finally admitted his memoir was fictional. Following multiple testimonies the Kono Statement of 1993 was issued claiming that coercion was involved.[61] However, in 2007, the Japanese government made a cabinet decision, "No evidence was found that the Japanese army or the military officials seized the women by force." [62][63]



  謝罪と補償

 1965年に日本政府は韓国政府に対して慰安婦に与えた(精神的)な苦痛を含め、全ての戦争責任を償うべく3億6400万ドルを提供した。 1994年には日本政府はアジア女性基金を立ち上げ、韓国、フィリピン、台湾、オランダ、インドネシアに対し追加的な補償を配布した。 個々の生存者に対し当時の村山首相からの署名入りの謝罪文が配られた。 そこでは「日本首相として私はここに慰安婦として癒しがたい肉体的、精神的な傷を負い、測りがない苦痛に満ちた経験をなさった全ての女性の方々に心からお詫びに痛惜の念を改めてお伝えします」基金は2007年3月31日解散した。

 1991年12月に3人の朝鮮人の婦人が日本の謝罪と反省を求めて訴訟に訴えた。 1992年1月17日にノテウ韓国大統領主催の公式夕食会で日本の宮沢喜一総理は以下の様に述べた。 「我々日本人は、日本の行動が貴国国民に苦痛と悲しみを与えた。 悲惨な時代の事実をまず、そして今後共思い起こすべきであり、このことについての後悔の念を決して忘れません。ここに改めて悔悛の思いをお伝えしたいと思います」そしてその翌日には韓国の国会でのスピーチで重ねてお詫びをした。 1998年4月28日 日本の裁判所は、政府は女性達に補償を行うべきであるとの判決を下し、各自に2300ドルが支払われた。(2913年のレートで3200ドル相当)

2007年には生存している性的奴隷達は日本政府からの謝罪を求めた。 2007年3月1日、当時の安倍晋三総理は日本政府は、去る1993年に慰安所の使用を既に認めているが日本政府が性的奴隷を保持したという証拠は何も見当たらないと述べた。 同3月27日 日本の国会は公式の謝罪を発表した。

(原文:改行削除)
Apologies and compensation In 1965, the Japanese government awarded $364 million to the Korean government for all war damages, including the injury done to comfort women.[64] In 1994, the Japanese government set up the Asian Women's Fund to distribute additional compensation to South Korea, the Philippines, Taiwan, the Netherlands, and Indonesia.[65] Each survivor was provided with a signed apology from the then prime minister Tomiichi Murayama, stating "As Prime Minister of Japan, I thus extend anew my most sincere apologies and remorse to all the women who underwent immeasurable and painful experiences and suffered incurable physical and psychological wounds as comfort women."[66] The fund was dissolved on March 31, 2007.[67] Three Korean women filed suit in Japan in December, 1991, around the time of the 50th anniversary of the Pearl Harbor attack, demanding compensation for forced prostitution. They introduced documents found by history Professor Yoshiaki Yoshida that had been stored at the Japanese Defense Agency since their return to Japan by United States troops in 1958.[68] Subsequently, on January 14, 1992, Japanese Chief Government Spokesman Koichi Kato issued an official apology saying "We cannot deny that the former Japanese army played a role" in abducting and detaining the "comfort girls, " and "We would like to express our apologies and contrition".[68][69][70] Three days later on January 17, 1992 at a dinner given by South Korean President Roh Tae Woo, the Japanese Prime Minister Kiichi Miyazawa told his host: " We Japanese should first and foremost recall the truth of that tragic period when Japanese actions inflicted suffering and sorrow upon your people. We should never forget our feelings of remorse over this. As Prime Minister of Japan, I would like to declare anew my remorse at these deeds and tender my apology to the people of the Republic of Korea." and apologized again the following day in a speech before South Korea's National Assembly.[71][72] On April 28, 1998, the Japanese court ruled that the Government must compensate the women and awarded them US$2,300 ($3,240 in 2013) each.[73] In 2007 the surviving sex slaves wanted an apology from the Japanese government. Shinzō Abe, the prime minister at the time, stated on March 1, 2007, that there was no evidence that the Japanese government had kept sex slaves, even though the Japanese government had already admitted the use of brothels in 1993. On March 27 the Japanese parliament issued an official apology.[74]



  論争

 日本大学教授、歴史家 秦郁彦は慰安婦の数をおよそ1万〜2万人と推計している。秦は慰安婦の一人として強制的に徴発されたものはいないと書いている。

 ある日本の政治家は慰安婦の証言内容は矛盾しており、信頼がおけず、従って正しいとは言えない。

 漫画家 新ゴマニズム宣言作者 小林よしのりによる「台湾特集号」は日本兵の前に奉仕の順番を待って並んでいる和装の女性達を描きだしている。 小林の本では台湾の実業家Shi Wen Langとのインタビューが載せられている。 彼は女性の誰も奉仕を強要されてはいないし、そこではコンドームの使用が義務づけられているので通常の娼婦との比較でもより衛生的な環境下で働いていると述べている。

 2001年初頭にNHKが関係する論争があった。 日本軍の性的奴隷についての女性の国際戦事犯罪法廷の模様の放送と思われる場面が修正主義者の見解を反映するべく、ひどい編集が行われていた。

 2011年11月12日 慰安婦を讃えるべく若い女性の銅像が建てられた。 銅像は992年以来、慰安婦の生存者達が日本大使館の前で行って来た毎週水曜日のデモの1000回目を記念して作られたもので「日本の軍団の性的奴隷として徴発された婦人のための朝鮮委員会」の指導の下、ソウルの日本大使館の正面におかれた。 日本政府は繰り返し韓国政府に対し、銅像の撤去を求めてきたがその要求は受け入れられなかった。

 2012年6月に2人の日本右翼がその銅像に90cmの看板をくくりつけた。 そこには「竹島は日本の領土である」と書かれてあった。 韓国では独島として知られる。領土紛争の的となる小島に言及していた。 また、2012年10月には米国 ニュージャージーに慰安婦記念館が開館した。

(原文:改行削除)
Controversies Japanese historian and Nihon University professor, Ikuhiko Hata estimates the number of comfort women to be more likely between 10,000 and 20,000.[10] Hata writes that none of the comfort women were forcibly recruited.[75] Some Japanese politicians have argued that the former comfort women's testimony is inconsistent and unreliable, making it invalid.[76] Mayor of Osaka and co-leader of the nationalist Japan Restoration Party, Tōru_Hashimoto, while initially maintaining that "there is no evidence that people called comfort women were taken away by violence or threat by the [Japanese] military",[77] he later modified his position asserting that they became comfort women "against their will",[78] still justifying their role during World War II as "necessary", so that soldiers could "have a rest".[78] A comic book, Neo Gomanism Manifesto Special - On Taiwan by Japanese author Yoshinori Kobayashi, depicts kimono-clad women lining up to sign up for duty before a Japanese soldier. Kobayashi's book contains an interview with Taiwanese industrialist Shi Wen-long who stated that no women were forced to serve, and that they worked in more hygienic conditions compared to regular prostitutes because the use of condoms was mandatory.[79] There was a controversy involving NHK in early 2001. What was supposed to be coverage of the Women's International War Crimes Tribunal on Japan's Military Sexual Slavery was heavily edited to reflect revisionist views.[80] In December 2011 a statue of a young woman was erected to honor the comfort women. It was put up in front of the Japanese embassy in Seoul, under the leadership of the Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan (KCWDMSS), on the 1,000th of the weekly “Wednesday demonstrations” held in front of the embassy by comfort women survivors since January 1992.[81] The Japanese government has repeatedly asked the South Korean government to have the statue taken down, but it has not been.[81] In June 2012, two Japanese extremists tied a 90 cm (35 in) signpost to the statue. The signpost read "'Takeshima' is Japanese territory", referring to the Liancourt Rocks which are disputed islets known as Dokdo in South Korea.[82] In October 2012, a Comfort Women memorial in New Jersey, USA was similarly vandalized.[83]
   ※赤文字、赤枠は筆者による



【 感 想 】
 正直、耐え難い内容であるといえます。朝鮮の人達は、昔から人を攫って人身売買を行っていました。日韓併合後はそういった人身売買は朝鮮で行われる事は少なくなり、人攫いの部隊は満州や支那となりますが、朝鮮半島での人攫いが復活した事例を聞いた事があります。知り合いの御父様は、朝鮮半島で終戦を迎え、内地に逃げる途中で韓国人に捕まりました。その後二年間に渡って、朝鮮人に虐殺された日本人の遺体の処分をさせられたそうです。これは紛れも無い不当な強制労働であり奴隷であった訳です。友人の父親は、幸い独身男性であったので、忠実に奴隷労働に従事し、本格的な連合軍の統治が始まった事で開放されて帰国する事が出来ました。
 しかし、そういう風にして捕まった日本人女性がどうなったのかは、友人の話だけでは分かりません。友人の父親が処分した日本人の遺体は、朝鮮人による虐待を怖れ山に潜伏した人達と推定されますが、当然、女性も居たはずです。分かっているのは、朝鮮半島引揚者の大量の女性に対して中絶手術が行われた事と、Yoko Kawashima Watkinsの体験記"So Far from the Bamboo Grove"に、朝鮮人が日本人の女性を強姦しようとしたエピソードが掲載されているという事くらいです。

 また、韓国の研究者、金貴玉の研究によると、いわゆる「従軍慰安婦強制連行」の様な事は、実際に朝鮮戦争当時にあったとされ、緻密な聞き取り調査がおこなわれています。この研究の中で、韓国軍の行った性奴隷狩りについて「日本軍から引き継いだ」という風に金貴玉は指摘していますが、日本軍が先行して性奴隷狩りを行ったエビデンスを提示出来ていない問題があります。しかしながら、その詳細に関しては、吉田清二の「私の戦争犯罪」の記述に酷似しており、実際は韓国軍が行った性奴隷狩りを日本軍に仕業に見せかけようとする工作があったのかも知れません。

 従軍慰安婦宣伝は、何某かの目的で始まったものでしょうが、現在は日米分断の政治宣伝として活用されている様にも思われます。




  (平成25年5月20日 川嶋文月)




【 5月28日追記 】
気になったのでドイツ語版のWikipediaも少し覗いてみました。

【出典】Wikipedia ドイツ語版(
http://de.wikipedia.org/wiki/Trostfrauen)

Trostfrauen(慰安婦)

Trostfrauen“ (jap. 慰安婦, ian-fu) ist ein euphemistischer Ausdruck für Mädchen und Frauen, die für die japanischen Kriegsbordelle des Zweiten Weltkrieges zwangsprostituiert wurden.
(慰安婦は、日本の戦時売春宿のための第二次世界大戦の性奴隷となった少女と婦人のための遠回しな表現の一つです。)

Inhaltsverzeichnis(目次)
  1 Hintergründe(背景)
  2 Anwerbung und Zwang(募集と強制)
  3 Behandlung der Trostfrauen(慰安婦の待遇)
  4 Öffentliche Debatte nach dem Krieg bis heute(戦後から現代までの公的論争)
  5 Literarische Rezeption(文学的採用)
  6 Literatur(文献)
  7 Weblinks(ウェブリンク[通信網連携])
  8 Einzelnachweise(参考資料)

Hintergründe(背景)

Da traditionell mit Prostitution in Japan recht offen umgegangen wurde, wurde es als konsequent erachtet, organisierte Prostitution für die japanische Armee bereitzustellen.
(以前には日本では売春は非常に公然と扱われたのであり、同様に日本軍に提供するための売春を組織する事も当然の事と考えられていた。)

Die japanische Führung versprach sich durch den einfachen Zugang zu Prostituierten eine bessere Moral der Soldaten und damit eine effizientere Armee.
(日本の指導者自体が、売春の容易な利用を通じての、兵士の士気向上と、効率的な軍となる事を見込んだ。)

Überdies wollte man damit die Verbreitung von Geschlechtskrankheiten unter den Soldaten eindämmen.
(また、兵士の間での性病の拡散を防止しようとした。)






 ドイツ語の場合は、他の欧州言語とは異なり、単語を繋いで一つの単語とする事がありますので、Trost(慰安)とFrauen(婦人)を繋いでTrostfrauen(慰安婦人)=「慰安婦」となります。

 同様に"zwangsprostituiert"では"Zwangs・・・"は「強制・・・」、"prostituiert"は「売春婦」ですので、
 Zwangs + prostituiert = 強制売春婦(性奴隷)となります。


 明らかに問題があるのは
  • Trostfrauen ist ein euphemistischer Ausdruck
    慰安婦は遠回しな表現の一つ
  • für Mädchen und Frauen,
    (その表現の対象は)少女と婦人のための(ものである)
  • die für die japanischen Kriegsbordelle des Zweiten Weltkrieges zwangsprostituiert wurden.
    (その少女と婦人とは)日本の戦時売春宿のための第二次世界大戦の性奴隷となった(婦人の事である)
【要点】ドイツ語版でも「慰安婦」とは、性奴隷(強制された売春婦)の隠語。「慰安婦」=「性奴隷」(強制された売春婦)と認識されているようだ。
 
 現在までの議論を整理すると、
  • 「慰安婦」は強制された売春婦の事を言うのではなく、強制でない風俗業の女性を指す言葉である。しかし、ドイツ語版では「慰安婦」は「強制された売春婦」という事になる。
  • 親鮮派が主張しているのは「慰安婦」には「強制された売春婦も含まれる」というもの。すなわち
    「慰安婦」=「強制された売春婦」という主張ではなく
    「慰安婦」⊃(superset)「強制された売春婦」であり
    「慰安婦」≠「強制された売春婦」である。
  • 日本人側が詳細な調査の後出した結論は「(国に)強制されたとする資料は見つからなかった」というもの。
    すなわち
    (国に)強制された売春婦は存在しない可能性が高い。無論、「強制された売春婦」⊂「慰安婦」であり、強制されていない慰安婦の資料は沢山存在する。
    実際は「慰安婦」≠「強制された売春婦」であるのに「慰安婦」=「強制された売春婦」という間違った認識を持っていると、「慰安婦の資料が存在する」という事実が「強制された売春婦の資料が存在する」という間違った認識に繋がる。これはこの文章の大きな問題点である。


 ドイツ語版も、「慰安婦」と「強制された売春婦」の混同が著しく問題が多く、論調としても北朝鮮の主張に近いといえます。いわゆる「慰安婦」騒動は、国際的宣伝戦の様相といえますし、日本側は明らかに劣勢です。
 ただし、欧米諸国が必ずしも悪意を伴った偏見として「日本軍による慰安婦強制連行」迷信を信奉しているという訳ではないと思います。というのは、明らかな事実と認識されている戦時組織強姦事件は西暦2000年まで続いたユーゴスラビア紛争でのセルビアによるものなどがあり、純血意識の強い日本とは異なり、世界的には戦時強姦事件は割と一般的と言えます。 欧米の人達が「西暦2000年のセルビアがやっているのだから、そういう事があっても不思議ではなかろう」と、なんの疑いもなく信じてしまったとしても無理からぬ事と考えられます。
 今後の説明次第では、元来、探究心旺盛な欧州人の気質から考えて、改善する見込みはまったく無い訳では無いとは思えますが・・・。



   (平成25年5月28日 川嶋文月)





芦原氏子会 トップページへ


inserted by FC2 system